ペナルティーキックで「やらかした!」と思った瞬間から、まさかの3連続ミラクルセーブ
フランスのサッカーチーム、ヴァンヌOCのゴールキーパー、ジャン・フランソワ・ベデニクによるミラクルセーブの瞬間。

ペナルティーキックでボールと反対側に飛んでしまい、やらかしてしまったかと思った直後、立ち上がり際に背中でボールをガード。

弾いたボールを再度シュートされるも、続く連続セーブがミラクルで素晴らしい。

【関連】
ゴールキーパーにしとくには勿体無いLassi Hurskainenのシュートテクニック集
右足で蹴ると見せかけて左足で蹴る、軸足シュートで見事にゴールを決めたEzequiel Calvente
若手ゴールキーパーを完全に手玉に取るジネディーヌ・ジダン
BBC「1967年のサッカーの試合を覚えていますか?」お爺ちゃん「もちろん。プレーしたからね!」街頭インタビューで元選手に出会った素敵な偶然

Most extraordinary penalty you'll ever see





















タグ
ペナルティーキックで「やらかした!」と思った瞬間から、まさかの3連続ミラクルセーブ