聴覚障害を持つ26歳の女性、エイミーさんが生まれて初めて家族の声を聞いた瞬間
生まれながらに聴覚障害を持つ26歳のエイミーさんが、治療(おそらく人工内耳手術)により初めて家族の声を聞いた瞬間。

聞こえる音が大きすぎたり小さすぎたりしないように、エイミーさんに確認しながら精度を調節。

両親はもちろん、6歳になる息子、ブレイクくんの声を聞いたのもこの時が初めて。

この時から数ヶ月間、エイミーさんは音の仕組みや、音の発生元が何なのかなどを毎日学び続けていて、サウンドセラピーを受け、スピーチの練習を繰り返し、発音が大幅に改善されていったとのこと。

聴覚障害に悩む人も、その家族も幸せにできる、医療の進歩って素晴らしい。

【関連】
生まれつき耳の聞こえない40歳の女性が、人工内耳で初めて声を聞いた瞬間
補聴器により生まれて初めて両親の声を聞いた、生後7週間の男の子の反応
眼鏡によって生まれて初めてママの顔を見た、生後3ヶ月の赤ちゃんが見せた笑顔
生まれて初めてママの顔を見た、視力障害をもつ赤ちゃんが見せた笑顔

Amy hears sound for the first time @ 26 years old
























タグ
聴覚障害を持つ26歳の女性、エイミーさんが生まれて初めて家族の声を聞いた瞬間