積極的なペリカンに翻弄されてしまう、動物ドキュメンタリー番組スタッフの微笑ましい舞台裏
ガラパゴス諸島でテントを使って泊まり込みで撮影中の、動物、自然系のドキュメンタリー番組、BBC Earthのスタッフたち。

そのうちの1人、ディレクターのレイチェルさんが入っているテントに近づいてきたのは、人を怖がらず、敵視せず、友好的な1羽のペリカン。

とはいえ、テントの前でフンをするし、拒否しても無理やり入ってくるしで、フレンドリーなのもなかなか考えものみたい。

動物番組的には撮影しやすくていいものか、自然の姿が撮れなくて残念なものか……。

【関連】
動物カメラマンってホント大変。ゾウアザラシの撮影を終えてテントに帰ってきたら……
動物番組の撮影って大変。自由奔放な野鳥の行動に、進行を邪魔されまくるデイビッド・アッテンボロー
動物カメラマンってホント大変。動物を撮影し続ける、ナショジオのカメラマンの一日
【画像】白鳥に扮して撮影する動物写真家、ヘンリク・ヤノフスキの成果が素晴らしい 写真22枚


Pelican Invades Directors Tent On The Galapagos Islands - Blue Planet II Behind The Scenes





























タグ
積極的なペリカンに翻弄されてしまう、動物ドキュメンタリー番組スタッフの微笑ましい舞台裏