金銀ルビーにダイヤモンド。数多の宝石で彩られたマフムト1世の銃がスゴい
オスマン帝国の第24代皇帝、マフムト1世の従者が儀式の際に取り扱った、数多の宝石で彩られた銃。

木と鉄で作られた銃が、金や銀、ダイヤモンド、ルビー、エメラルドなどをふんだんに使って装飾されている。

銃床の中にはペンとナイフが入った小物入れや短剣が入っていて、銃を整備するための器具や、火薬を取り扱うスプーンも仕込まれている。

スプーンまでダイヤとエメラルドで装飾されていて、スゴいけど使いづらそう。

【関連】
貴重なピストル型も素晴らしい、1820年製ぜんまい仕掛けの鳥のさえずり機械
【画像】真鍮と銅を加工して自作したスチームパンクな携帯電話 写真30枚
【画像】宝石のような美しさ。朝露に濡れた昆虫たちの写真20枚
【画像】海の宝石。美しくも多様なウミウシたちの写真27枚


Jeweled gun of Sultan Mahmud I, dated 1732-1733

































































タグ
金銀ルビーにダイヤモンド。数多の宝石で彩られたマフムト1世の銃がスゴい