電池の中身とカッターの刃でダマスカス・ナイフを鍛える、職人さんの仕事風景
電池をほぐして中身を取り出し、カッターの刃と重ね合わせること138層。

熱して叩いてまた重ねてを繰り返し、ひねりを加えてまた熱して叩く。

複雑な紋様に仕上がった刃も素敵だけど、電池を取り出した懐中電灯をそのままナイフの鞘と柄にしてしまうというのが素晴らしいね。

【関連】
鍛冶職人ジョン・ニーマンによる、ダマスカスナイフができるまで
スパナにレンチにチェーンまで!意外な金属を加工して作ったナイフがかなりの格好よさで欲しくなる
鉄を繰り返し叩いて折る、越後鍛冶職人、日野浦司の鍛地造り
線路を固定する犬釘を加工、鍛えてナイフを作り上げる鍛冶工程


Damascus of batteries a knife from a flashlight




































































タグ
電池の中身とカッターの刃でダマスカス・ナイフを鍛える、職人さんの仕事風景