仮想粘土をこねこね。ブルース・ウィリスの立体CGを作っていく早回し映像
フリーで高機能な3DCGソフト、Blenderを使い、ブルース・ウィリスの胸像CGデータを作り上げていく早回し映像。

最初は人間なのかどうかもわからないような状態だったのに、加工が進むうちにどんどん見慣れたブルース・ウィリスの顔に。

個人的には、もうちょっと老けてる感じを出してたほうが好き。

【関連】
お手軽なのに凄すぎる!2次元の物体を3Dオブジェクト化して自由に動かせる技術 3-Sweep
CGで作り出した自由自在に動かせる水
身長も体格も自由自在!映像内の人物の体型を変える技術 ムービー・リシェイプ
ライブ映像の一要素が「存在していない」かのようにリアルタイム加工する驚異的な新技術 Diminished Reality

Bruce Willis timelapse, made with Blender




































タグ
仮想粘土をこねこね。ブルース・ウィリスの立体CGを作っていく早回し映像