陸地から6キロ離れた沖合いで珍客に遭遇。親切にカヤックに乗せてあげた釣り人
陸地から4マイル(約6.4キロ)離れた沖合いで、小さな浮遊物を発見した釣り人。

椰子の葉でも浮いているのかと思ったら、その正体はこんな沖合いにはいるはずのないイグアナさん。

必死でカヤックに乗ろうと頑張ってるし、潮に流されて相当長い間泳ぎ続けていたんだろうね。

【関連】
名前を呼ぶとやってくる、犬みたいなイグアナがなかなか可愛い
日向ぼっこするピットブル犬の上で日向ぼっこするイグアナ
入浴中のイグアナが豪快すぎる
生まれた瞬間デスゲーム開始。命がけでヘビたちから逃げる、赤ちゃんウミイグアナがドラマチックすぎる


Saving An Iguana Four Miles Offshore


























タグ
陸地から6キロ離れた沖合いで珍客に遭遇。親切にカヤックに乗せてあげた釣り人