想像以上に元気いっぱい活動する最強生物、クマムシさん
クリプトビオシスと呼ばれる乾眠状態になることで、151度の高温、絶対零度近い極低温、極度の乾燥や、人間の致死量の1,000倍もの放射線に耐える最強生物、クマムシさん。

その活動の様子を双眼実体顕微鏡を使い、最大400倍の光学ズームで観察した映像。

短い足を動かして移動するところや、エサを求めて口を動かすところが可愛い。

2:14以降に出てくるのが、卵を抱えた子持ちクマムシ。

【関連】
皮膚から体内に突き刺さる、蚊の口吻を観察した映像
レーザーポインタを顕微鏡代わりに、水中の微生物を観察する方法
「これは一体なんでしょう?」超至近距離でマクロ撮影した、色々なものの映像集
銃口みたいで格好いい!水中でも接写できるLAOWAのマクロレンズ 24mm f/14 Relay lens

Water Bears in HD





















タグ
想像以上に元気いっぱい活動する最強生物、クマムシさん