ちゃんと曲になってて凄い!喉を楽器に「熊蜂の飛行」を演奏する男
自らの喉を両手で小刻みに叩きつつ、声を発して演奏するリムスキー・コルサコフの「熊蜂の飛行」。

歌と言うべきか演奏と言うべきか悩む手法だけど、きちんと曲になっているのが凄い。

道具を使わずにできる一発芸としても面白いね。

【関連】
王 羽佳(ユージャ・ワン)の超高速「熊蜂の飛行」ピアノ演奏
リムスキー・コルサコフの「熊蜂の飛行」を歌とクラリネットとピアノで演奏するパフォーマンス
1秒間に20弾き、世界最速のアコーディオン奏者による熊蜂の飛行
足つりそう。足鍵盤を使い、168BPMで演奏した世界最速の「熊蜂の飛行」

Flight of the Bumblebees Throat Music



タグ
ちゃんと曲になってて凄い!喉を楽器に「熊蜂の飛行」を演奏する男