標高4,301メートルのパイクスピークをドリフトしまくりで駆け上る、ケン・ブロックのヒルクライム・ジムカーナが凄い
普通のジムカーナに飽きて荒野でオフロード・ジムカーナしたかと思えば、今度は標高4,301メートルのパイクスピークでヒルクライム・ジムカーナ。

通所は速さを競うパイクスピーク・ヒルクライムを、ドリフトたっぷり、コースギリギリのジムカーナで駆け上る、ケン・ブロックのテクニックが相変わらずの凄さ。

タイヤはトーヨータイヤのプロクセスR888R。パイクスピークは標高4,301メートル(約14,000フィート)ということで、1,400馬力の1965年製フォードマスタングを使用。

ラスト付近の、殺る気マンマンぽい重機が怖い。

【関連】
パイクスピーク2010で総合優勝し、5連覇を成し遂げた「モンスター」田嶋伸博
脅威の600馬力で荒野を駆ける!ケン・ブロックのオフロード・ジムカーナ走行映像
巨体を豪快に走らせる!ミシェル・ベックスによるトレーラーヘッドでのジムカーナ
廃工場を超絶テクで走る!ケン・ブロックのジムカーナ走行映像


TOYO TIRES | Ken Block’s Climbkhana: Pikes Peak Featuring the Hoonicorn V2
























































タグ
標高4,301メートルのパイクスピークをドリフトしまくりで駆け上る、ケン・ブロックのヒルクライム・ジムカーナが凄い