アンティークな火炎放射器を分解、整備する作業工程が気持ちいい
1930年代から1950年代にかけてHauck製作所が製造した火炎放射器「リトル・ジャイアント」の修理工程。

バラバラに分解してパーツごとに磨き、洗浄し、壊れている部分は交換して耐熱塗料で着色。

ガソリン入れて燃やした点火部分が結構大雑把な作りだよね。

ちょっとぶつけただけでこぼれて燃え広がって大変なことになりそう。

【関連】
古い電動ベルトサンダーを分解、整備する作業工程が気持ちいい
壊れたエンジンのオーバーホールを撮影、3000枚の写真で動かしたストップモーションアニメーション
ゴミと一緒に押しつぶされてしまった結婚指輪を、匠の技でキレイに直す作業工程 写真17枚
【画像】そんなのまで直るの!?ダクトテープで何でも修理してみた写真18枚

Antique Flamethrower [Restoration]


































































タグ
アンティークな火炎放射器を分解、整備する作業工程が気持ちいい