スター・ウォーズの立体映像をARで実現できちゃうアプリが素晴らしい
映画「スター・ウォーズ」の中でR2-D2が映し出した、助けを求めるレイア姫の立体映像。

あの未来的な3Dホログラム技術を、拡張現実(AR)で実現するアプリ「ホロ・メッセンジャー」が面白い。

あらかじめ録画した映像を、R2-D2やBB-8が空間に投影する映像っぽく表示させたり、スタートレックの立体映像っぽく表示させたり。

R2-D2の立体映像を撮影、再生させるのって憧れてたけど、拡張現実なら実現できちゃうんだね。

【関連】
路地裏にあらわれた異世界への扉。まるで「どこでもドア」のような、ARKitで作った拡張現実の扉
これは面白い!拡張現実で実現させた、a-ha「テイク・オン・ミー」のPVの世界
仮想家具を好きなように並べて理想の部屋をデザインできる、IKEAの拡張現実アプリが凄い
空間に立体的な絵を描ける、拡張現実お絵かきアプリ「Paint Space」が面白そう

Holo Messenger - Bringing Star Wars to Life in Augmented Reality
























タグ
スター・ウォーズの立体映像をARで実現できちゃうアプリ「ホロ・メッセンジャー」が素晴らしい