半年ごとに無数の湖が生まれる砂丘。ブラジルのレンソイス・マラニャンセス国立公園が幻想的
ブラジル、マラニャン州にあるレンソイス・マラニャンセス国立公園は、石英からなる白砂が15万5千ヘクタールも広がる、広大な砂丘を有する国立公園。

この砂丘は1月から6月にかけての雨季にだけ、砂丘のくぼみに湖が形成されるのが大きな特徴。

白い砂丘も美しいけれど、砂丘の中に数え切れないほどの湖が存在するなんて幻想的。

【関連】
これぞ大人の砂遊び!サハラ砂漠、メルズーガ大砂丘のさらっさらの砂で遊ぶ映像がものすごく気持ちよさそう
三日月の形をしたオアシス!中国にある「月牙泉」が美しい 写真12枚
ヨーロッパ唯一の砂漠、タベルナス砂漠で廃墟となった西部劇の映画撮影ロケ地
動く小さなきなこ餅、サバクキンモグラの捕食行動が面白い

Lagoons Among Dunes: Brazil’s Disappearing Desert Oases










































タグ
半年ごとに無数の湖が生まれる砂丘。ブラジルのレンソイス・マラニャンセス国立公園が幻想的