魚がここまで懐くとは!犬のように飼い主の手にじゃれつく、ブラッド・パロット・シクリッド
飼い主が水槽の中に手を入れるとすぐに近づいてきて、犬のように手にまとわりついてくる。

この魚は1986年に台湾で交配された、ブラッド・パロット・シクリッド(Blood parrot cichlid)という種。

エサを入れても遊ぶ方を優先するくらいじゃれついてくるけれど、別の水槽で飼育しているもう1匹ブラッド・パロット・シクリッドは触れられることを好まず、まるで犬と猫を飼っているみたいなんだとか。

個体によって性格は違うけど、ここまで懐く子もいるってすごい。

【関連】
ジャッキー・チェンが飼い慣らした、ジャッキーの命令を聞く魚
釣り人の手から小魚を食べる、食欲旺盛なカメたちとバスたち
胃袋デカすぎ!自分と同じくらい大きな魚をも丸呑みにするナマズ、バトラクスキャット
鮮魚売り場の魚が飛び跳ね、客の買い物カゴに入る珍事件


My Fish Loves Me! He would rather play than eat!


























タグ
魚がここまで懐くとは!犬のように飼い主の手にじゃれつく、ブラッド・パロット・シクリッド