ノルウェーのバンド「a-ha」が1985年に発表したシングル「テイク・オン・ミー」のPVは、マンガの世界の中へ入り込んでしまう漫画家の女性を描いたもの。

その世界観を拡張現実で実現させて、マンガの世界と現実世界を行き来してみた映像。

マンガの世界から外を見た時に、枠から外れた現実世界の兄妹がマンガ的に変換されるのが面白いね。

【関連】
路地裏にあらわれた異世界への扉。まるで「どこでもドア」のような、ARKitで作った拡張現実の扉
空間に立体的な絵を描ける、拡張現実お絵かきアプリ「Paint Space」が面白そう
拡張現実で光弾を撃ち合う未来のサバイバルゲームが楽しそう
AR(拡張現実)で完成予想図を見られるレゴのパッケージ


Augmented Reality's A-ha Moment


















こちらがa-haのオリジナルのPV。

a-ha - Take On Me (Official Video)


タグ
これは面白い!拡張現実で実現させた、a-ha「テイク・オン・ミー」のPVの世界