電気を使わず部屋を涼しく!ペットボトルを利用した冷却装置を、バングラディシュの農村に普及させるプロジェクト
バングラデシュ、ラジバリのダウラットディアは、2万8千人が電気の通っていない住宅で暮らしている村。

しかし、夏の気温は45度にも達するため、エアコンの使えない生活は非常に厳しいものとなる。

そこでボランティアたちが用意したのは、ペットボトルを利用した、電気を使わずに部屋を涼しくする冷却装置。

息を「ハー」と吐くより「フー」と吹いた方が涼しいという原理を利用したもので、部屋の温度を5度ほど下げることができるんだとか。

発展途上地域に限らず、色々な場所で利用できそうな技術。

【関連】
ちょっとした洗濯はこの程度でいいんじゃないの?電気を使わず足踏みで洗える小型手動洗濯機「Yirego」
電気がなくても動かせる、エコロジーな人力洗濯機
インド人もアマゾンも顧客も嬉しい!眠っている本を有効活用する新しい仕組み「awaken by amazon」が凄い
55歳の中国人男性が自作した、プロペラで風力発電しながら走る電気自動車

Eco-Cooler | Grey Dhaka unveils world’s first zero-electricity air cooler made from plastic bottles










































タグ
電気を使わず部屋を涼しく!ペットボトルを利用した冷却装置を、バングラディシュの農村に普及させるプロジェクト