残響室と無響室、それぞれで風船を割ってみた結果が違いすぎて面白い
残響がより長く生じるように設計された残響室と、残響がほとんど生じないように設計された無響室

正反対の性質を持った2つの部屋で、風船を割ってみた結果が面白い。

科学館で無響室に入ったことあるけど、なんだかゾワゾワして非現実的な感じがあって気持ちいいよね。

【関連】
エコーかかってないのにエコーする声芸が凄い!マデイラ島のウェイターさん
これがプロか…。音響技術者の素晴らしい仕事ぶりを描いたコメディ映像
エフェクトって大事。空っぽの貯水槽の中で歌ったアヴェ・マリアが美声すぎる
映画の「効果音」を作り出すお仕事


Reverberation time of a balloon pop: reverb room vs. anechoic chamber





タグ
残響室と無響室、それぞれで風船を割ってみた結果が違いすぎて面白い