風の力で歩き、動く大きな構造物。ホントに生きてるように思える、テオ・ヤンセンの「砂浜動物」
オランダの彫刻家、テオ・ヤンセンが制作した、生き物のような動きを見せる構造物、ストランドビースト(砂浜動物)。

風の力を足の動きに連動させて歩いたり、パーツの一部分が動いたり、引っ張られて滑らかな歩行を見せたり。

生き物じゃないのに生き物っぽくて、多脚でワシャワシャ歩くのが気持ち悪いような気持ちいいような感覚で、すごく魅力的。

【関連】
テオ・ヤンセンの砂浜動物 風の力で歩く、浜辺の知覚動物
テオ・ヤンセンの「浜辺の知覚動物」のような、受動歩行するペーパークラフト
多数の足でワシャワシャ歩く、電動多脚スケートボード Land Crawler eXXtreme
【画像】風で動き続ける不思議な物体、アンソニー・ハウのキネティック・アート作品

STRANDBEEST EVOLUTION 2017




































タグ
風の力で歩き、動く大きな構造物。ホントに生きてるように思える、テオ・ヤンセンの「砂浜動物」