マリオになった気分で遊べる、バーチャル・スーパーマリオブラザーズをプレイしてみた
マイクロソフトのヘッドマウントディスプレイ、HoloLensで遊べるようにUnity3Dで製作した、バーチャル・スーパーマリオブラザーズをプレイしてみた映像。

ニューヨークのセントラルパークに重なるようにマリオのステージ1-1が登場し、マリオの視点で体を動かしてプレイする。

ジャンプ力が無さすぎるのとBダッシュがないのとで、動きはあまりマリオっぽくない感じ。

スーパーキノコを取るとステージ全体が小さくなるのとか、隠し1UPキノコがちゃんと実装されてるのはいいね。

【関連】
穴に落ちて死んだマリオが行き着く、不気味で恐ろしい世界を描いたショートムービー Super Mario: Underworld
こんなマリオは酷い。GTA IVを改造した「スーパーリアル・マリオオデッセイ」
もしもマリオカートで101人同時対戦できたら……というゲームプレイ風アニメーション
26年間、マリオの中の人。声優チャールズ・マーティネーへのインタビュー映像


Super Mario Bros Recreated as Life Size Augmented Reality Game


































タグ
マリオになった気分で遊べる、バーチャル・スーパーマリオブラザーズをプレイしてみた