2人のポリグロット(多言語話者)が出会い、15種類の言語で会話する様子を撮影した映像がすごい
ウーター(Wouter Corduwener)さんは、様々な国からの観光客相手に会話しながら絵を売る多言語話者。

彼がオランダ、ザーンセ・スカンスで出会ったのは、35ヶ国語を話せるマケドニアの言語学者、ゾラン(Zoran Radiceski)さん。

2人の多言語話者が言語を切り替えながら、お互いに話せる15種類の言語で会話する様子を撮影した映像。

2人とも、日常会話は余裕なレベルで話せてるのが凄すぎる。

【関連】
18ヶ国語を自在に話し、観光客に絵を売るオランダ人ストリートアーティスト
2人のポリグロット(多言語話者)がショッピングモールを行く!出会った人の母国語で会話してみた
17歳で次から次へと20ヶ国語を使い分けるポリグロット(多言語話者)のアメリカ人少年、ティム・ドネルくん
ポリグロットの天才少年、ティム・ドネルくんが日本語を勉強する様子


unique encounter between 2 polyglots in 21 languages


























タグ
2人のポリグロット(多言語話者)が出会い、15種類の言語で会話する様子を撮影した映像がすごい