スカイダイビングでパラシュート開き忘れ。地表スレスレで自動起動デバイスにより、九死に一生を得た瞬間
スカイダイビングでパラシュートを開かなければ、墜落死は免れない。

しかし、あと数秒で地上に激突するという状況でもパラシュートの紐を引き忘れてしまったダイバーの男性。

幸い、設定された高度や時間で自動的にパラシュートを開く自動起動デバイス(AAD)が作動したため、ギリギリのところでパラシュートを展開できた九死に一生の瞬間。

スカイダイビングが楽しすぎて、夢中になってしまったのかな?

【関連】
高度1400メートルからパラシュートなしで降下!ウイングスーツでダンボール箱の山に突っ込む決死のスタント
パラシュートを身に付けずにスカイダイビング
スタジアム上空からパラシュート降下でボールを届けるスニッフェン軍曹の視点から見た映像
パラシュートの紐を引いたら引っこ抜けた!死を覚悟せざるを得ないドッキリ映像


Friday Freakout: Skydivers FORGET To Pull Parachute, Saved By AAD! Altitude Awareness Fail!





タグ
スカイダイビングでパラシュート開き忘れ。地表スレスレで自動起動デバイスにより、九死に一生を得た瞬間