友人たちがツボにハマって大爆笑している中、自分だけイマイチ共感できずに笑えない。

周りのみんなと笑いのツボがずれていて、一緒に盛り上がれない疎外感たっぷりな状況が悲しい、あるあるな瞬間。

ワライカワセミの表情なんて分からないのに、ひどく悲しそうに見えてしまう。

【関連】
あるあるすぎてちょっと切ない「喋ってるのに誰も聞いててくれなかった瞬間」
チンピラあるある。鉄柵越しに威勢よく威嚇し合う犬たち。鉄柵を開けてあげた結果……
「ボクが並んだ列だけ進まない…」あるあるすぎるショートアニメーション STAY IN QUEUE
子供の頃あるある。小さな頃にだれもが経験した、26の奇妙なこと


Kookaburra Hears a Great Joke





タグ
あるあるすぎてちょっと切ない「自分だけ笑いのツボが違っていた瞬間」