大量の物資も健在。廃墟となった工業団地の地下シェルター内部を探索してみた
とある工業地帯の一角で、奇妙なコンクリートブロック製の入り口を発見した撮影者。

内部に進入してみると、その先は大勢の人が避難できる地下シェルターとなっていて、中には様々な物資が取り残されており、まだ電気も通っている様子。

避難所としてまだ使用できそうではあるけれど、この雰囲気の場所で何週間、何ヶ月も暮らすというのは、精神おかしくなる人もいそうだよね。

せめて「S.T.A.L.K.E.R」とか「Fallout」とか、この雰囲気だからこそのゲームを用意しておきたいところ。

【関連】
チェルノブイリとプリピャチ、ゴーストタウンの現在の姿
事故から25年、廃墟と化したチェルノブイリ周辺を探索、撮影した「Alone in the Zone」予告編映像
来たるべき黙示録に備えて大富豪が建てた、快適に暮らせる大型シェルター 写真12枚
【画像】隠れ家すぎて憧れる、終末を見越して作られた地下シェルター 写真26枚


I found a fully stocked underground safe house...





























































タグ
大量の物資も健在。廃墟となった工業団地の地下シェルター内部を探索してみた