滑走路を巨大な円形にするという新発想、エンドレス滑走路
航空機のさらなる増加、混雑を相手して、より効率的な運用を考えて計画されているのが、空港の周りを囲む円形の滑走路。

エンドレス滑走路は内側が下がる感じで傾斜していて、360度どの方向に対しても離陸、着陸が可能。

強風時にも、向かい風になるようにすれば比較的安全に離着陸できるんだとか。

滑走路はまっすぐなもの、という先入観を取っ払った発想がすごいね。

【関連】
斜面に作られた世界で最も危険な空港のひとつ、クールシュヴェル飛行場からの離陸と着陸映像
これ以上ないくらい完璧な緊急事態の胴体着陸
信号で飛行機の通過を待つ、トンコンティン国際空港近くの道路
空港まるごと全てが廃墟。1974年以降放棄されたキプロス島、ニコシア国際空港 写真20枚


Will circular runways ever take off? BBC News
































タグ
滑走路を巨大な円形にするという新発想、エンドレス滑走路