ダンボールや注射器を組み合わせた、液圧ロボットアームの作り方
注射器を押したり引いたりすることで操作できる、液圧ロボットアームの作り方を紹介した映像。

基本となる素材はダンボールで、竹串や結束バンド、針金やアイスの棒や注射器を組み合わせて使用。

液漏れはちょっと心配になるけど、小学生でも作れるレベルで、結構遊べそうでいいね。

【関連】
夏休みの工作にもいい感じ。アイスの棒と綿棒でつくる小さな弓矢
ハンガーの形状をそのまま利用!超簡単な弓矢の作り方
釘もボンドも使わない!ペットボトルで木材を接着する、なるほど便利な工作手法
紙製なのにちゃんと動く!紙で作ったロータリーエンジンが凄い


How to Make Hydraulic Powered Robotic Arm from Cardboard









































タグ
ダンボールや注射器を組み合わせた、液圧ロボットアームの作り方