目で見て音を聞いて違いが分かる、13種類のソートアルゴリズム
大量のデータを昇順、降順に並べ替えるための手法、13種類のソートアルゴリズムをわかりやすく紹介した映像。

映像の中で登場するソートアルゴリズムは再生順に、挿入ソート、バブルソート、選択ソート、シェーカーソート、マージソート(In-Place)、マージソート(Out-of-Place)、ビーズソート、クイックソート、分布数え上げソート、基数ソート(LSD)、基数ソート(LSD、In-Place)、基数ソート(MSD)、Shatter Sort。

ソート - Wikipedia

このパターンだと、選択ソートがいちばん速くて適してるっぽいね。

【関連】
目で見て音を聞いて違いが分かる、15種類のソートアルゴリズム
淡いグラデーションを正確に並べ替える色彩感覚チェックテスト Test your color IQ
200カ国の平均寿命と平均年収の200年にわたる変化を分かりやすく表現した解説映像
栄枯盛衰を視覚化。ヨーロッパ周辺各国の1000年間にわたる変化をまとめた映像


13 Sorts - Color Circle





タグ
目で見て音を聞いて違いが分かる、13種類のソートアルゴリズム