缶詰のフタはいざという時に笛として使えるというライフハック
缶詰の蓋を半分に折り、穴を開ければ笛の代わりに使えるというライフハック。

キャンプやハイキング中に家族や友達とはぐれても、こうして笛を作れば自分の居場所を知らせることができる。

音が小さいとか、加工にそこそこ手間がかかるとかで微妙な点も多いけど、こういう方法もあるって覚えておけば一生に一度くらいは使う事があるかも?

【関連】
知っておいても損はない、缶詰を“削って”開ける方法
缶詰めを開けたいのに缶切りが無い!……という時に便利な、スプーンで缶詰めを開ける方法
いざという時の為に 底なし沼からの正しい脱出方法
いざという時、正しい心臓マッサージのタイミングをサポートしてくれる補助デバイス 100 BPM


How to make a Survival Whistle from a Metal Can



































タグ
缶詰のフタはいざという時に笛として使えるというライフハック