火炎放射ドローンで電線に引っかかったゴミを焼却。中国の高圧線保守作業が過激すぎる
中国、襄陽市(じょうようし)の電力会社による、高圧電線の保守作業が過激すぎる。

高い位置にある高圧線に引っかかったゴミを手早く簡単に除去できるとはいえ、火炎放射器を搭載したドローンで燃やしてしまうという発想がすごい。

短時間の放射とはいえ、電線へのダメージは大丈夫なのか心配になるね。

【関連】
ドローンに搭載した火炎放射器で七面鳥を燃やす、豪快すぎる料理
さすがアメリカ。スズメバチの巣を火炎放射器で燃やし尽くして豪快に駆除
一般販売されている火炎放射器「XM42」を手に入れ、とても嬉しそうに火炎放射するお爺ちゃん
火炎放射器と放水ポンプ、どちらが強いか真っ向勝負してみた実験映像


A Drone Uses Fire to Burn Trash Off Electrical Lines























タグ
火炎放射ドローンで電線に引っかかったゴミを焼却。中国の高圧線保守作業が過激すぎる