「世界最強の男」コンテスト常連の力自慢と、アームレスリングのチャンピオンが腕相撲で戦った結果……
米ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」に登場する大男、マウンテンことグレガー・クレゲインを演じるハフポル・ユリウス・ビョルンソン(Haftor Julius Bjornsson)は、世界最強の力自慢を決めるコンテスト「世界最強の男(World's Strongest Man)」の上位に何度も入賞している怪力男。

対するデヴォン・ララット(Devon Larratt)はプロのアームレスラーで、ワールド・アームレスリング・リーグにおけるヘビー級及びスーパーヘビー級のチャンピオン・タイトル保持者。

まさに山のような筋肉の大男と、腕相撲のみに特化した筋肉を持つ男の対決が非常に興味深い。

【関連】
圧倒的勝利!プロのボディービルダーとプロのアームレスラーが腕相撲でガチ対決した結果
腕相撲は筋肉の量より質が大事!細身なのに余裕で勝利する男
腕相撲かと思ったら全然違うスポーツ「Extreme Arm Wrestling」だった
柔術家とボディービルダーが戦ったらどうなる?実際に本気で挑んでみた結果……


Devon Larratt vs. Game of Thrones The Mountain





タグ
「世界最強の男」コンテスト常連の力自慢と、アームレスリングのチャンピオンが腕相撲で戦った結果……