遺伝的アルゴリズムを用いたニューラルネットワークにシンプルゲーム「Flappy Bird」を学習させてみた
鳥が障害物にぶつからないように右へと進み続けるシンプルなゲームアプリ「Flappy Bird」を、遺伝的アルゴリズムを用いたニューラルネットワークで学習させてみた映像。

1世代につき200羽の鳥を行動させて、その結果を次の世代の行動に活かしつつ繰り返し、21世代にして最適な行動を習得。

一度最適な行動を覚えてしまえばずっと飛んでいられるんだもの、すごい技術だよね。

【関連】
二足歩行生物が徐々に進化していく、筋肉ベースの3D歩行シミュレート結果
神の視点。バーチャル生物が進化していく過程を追った映像
物理演算エンジンを使った相撲ゲームのなんだか笑えるプレイ映像
センサー位置を把握して利用。自動ドアの開け方を学習したツバメ

An application of NEAT in flappy bird



タグ
遺伝的アルゴリズムを用いたニューラルネットワークにシンプルゲーム「Flappy
Bird」を学習させてみた