闇がキャンバスで光が筆。光で描くフィンランドの芸術家、ハンヌ・フータモ
夜の森や廃墟の中など、闇の中で長時間露光撮影しながら光を使って美しい像を描くフィンランドのアーティスト、ハンヌ・フータモ(Hannu Huhtamo)。

薄暗い時間が長くなる極夜はこうした撮影に丁度いいそうで、カメラと光る道具を持って、こうして撮影に繰り出すんだとか。

出来上がった写真が、どれも幻想的で素晴らしい。

【関連】
【画像】完成度高すぎ!光の軌跡で描く梵字のような、ジュリアン・ブルトンのアート写真21枚
【画像】人間の痕跡を光に変えた、闇夜に光る岩壁の長時間露光写真15枚
【画像】地球はこんなに美しかった。星と地球の軌跡が輝く、国際宇宙ステーションからの長時間露光写真10枚
光の残像で文字や絵を描くアーティスト


'Darkness Is My Canvas, Light Is My Brush'























































タグ
闇がキャンバスで光が筆。光で描くフィンランドの芸術家、ハンヌ・フータモ