お値段わずか20セント!玩具をヒントにスタンフォード大学のエンジニアが開発した、超低コストの人力遠心分離機
紐の中央で円盤状のものを回転させる玩具を元に、スタンフォード大学のバイオエンジニアが開発した、製作コスト20セントという超低コストの人力遠心分離機。

毎分125,000回転にもなるそうで、血液中の赤血球と血漿を1分半で分離できるんだとか。

高価な遠心分離機がなくても、少量であればこのお手製遠心分離機で処理できるって画期的。

ハンドル回して充電するタイプの懐中電灯やラジオなんかも、この回転の仕組を応用したら高速発電につながるんじゃなかろうか。

【関連】
15歳の少女が発明した熱発電懐中電灯「The Hollow Flashlight」が凄すぎる!手に持つだけで発電して光る!
振ると充電する乾電池型の振動発電機
CDを超高速回転させると破裂する!?ハイスピードカメラで撮影した実験映像が凄い
噴水の威力で高速回転するフリスビーが地味にすごい

Stanford bioengineers develop a 20-cent, hand-powered centrifuge






























タグ
お値段わずか20セント!玩具をヒントにスタンフォード大学のエンジニアが開発した、超低コストの人力遠心分離機