ホントに生きてるみたいに動く、18世紀の天才発明家が作った銀の白鳥のオートマタ
1735年生まれのベルギーの時計工にして発明家、ジョン・ジョセフ・マーリン(John Joseph Merlin)が作り上げた、等身大の白鳥のオートマタ。

大きなオルゴールになっていて、首を左右に向けて動かす様子も、小魚を食べる様子も、生きているかのように滑らか。

ガラスの棒を使った水面の表現と、水面を模したガラスの光を反射する白鳥の体が美しい。

ジョン・ジョセフ・マーリンは、1760年にインラインスケートを発明した人物なんだって。すごい。

【関連】
オートマタ職人、ジャック・ド・ヴォーカンソンが作った「消化するアヒル」のレプリカ
貴重なピストル型も素晴らしい、1820年製ぜんまい仕掛けの鳥のさえずり機械
まるで本物の小鳥みたい!ドイツの職人が作った機械式鳥のさえずり機械
隠し扉に秘密のボタン。18世紀ドイツの天才家具職人、アブラハム&ダーフィト・レントゲンのからくりキャビネット


John-Joseph Merlin's Silver Swan automaton.









































タグ
ホントに生きてるみたいに動く、18世紀の天才発明家が作った銀の白鳥のオートマタ