クリスマスツリーの点灯式のために作り上げた、大掛かりで複雑なルーブ・ゴールドバーグ・マシン
クリスマスツリーの電飾スイッチひとつ入れるために製作された、大掛かりなルーブ・ゴールドバーグ・マシン。

ラトビアの電子商取引会社、Scandiwebが企画、製作したもので、映像を見ていても何がどうなっているのか分かりづらいほどに複雑。

スタートからゴールまで、全部で412ステップあるそうな。

【関連】
音楽を流すとドアが開く。1年を費やして作り上げたルーブ・ゴールドバーグ・マシン
目覚まし時計を止めるとスタート。朝の準備を手助けしてくれるルーブ・ゴールドバーグ・マシン
磁石の動きが面白い!カプラと磁石とビー玉で作った、ルーブ・ゴールドバーグ・マシン
浮かぶボールに転がる四角。面白い現象を連鎖させた、3Mのルーブ・ゴールドバーグ・マシン


World’s largest Rube Goldberg machine lights up Christmas tree





















































タグ
クリスマスツリーの点灯式のために作り上げた、大掛かりで複雑なルーブ・ゴールドバーグ・マシン