待ち人を置いて走り去る。そんな男の人生を描いたアニメーション Somewhere Down the Line
ガソリンスタンドに立ち寄った父と母を置いて走り去り、旅の途中で出会った友人たちを置いて走り去る。

自分を待つ人々を置き去りに、走り続けた男を描いたアニメーション。

人生を暗示しているんだろうけど、道の外に転がっていた事故車は何を意味していたんだろう。

【関連】
進めば二度と戻れない。横スクロールアクションゲームのちょっと切ないアニメーション We Go Forward
それは風船のようなもの。1人の男の人生を描いたアニメーション FLOATING IN MY MIND
人生をファミコン風に表現したドット絵アニメーション Consoul
パラレルな世界の「ぼく」たちを描いたハンサムケンヤのPV これくらいで歌う


Somewhere Down the Line

































































タグ
待ち人を置いて走り去る。そんな男の人生を描いたアニメーション
Somewhere
Down
the
Line