ヘビ嫌いとクモ嫌いは閲覧注意。蛇の生首のような外見を持つ、脈動する蜘蛛
シンガポールでニッキー・ベイさんが撮影した、蛇の生首のような不思議な外見を持つ蜘蛛。

蛇以外にもヤモリやカマキリの頭部にも見えるし、透明な外皮の内側が脈動しているというのも不思議。

どうやら鳥の糞に擬態するトリノフンダマシの一種であるみたい。

ニッキー・ベイさんのサイトには、色違いもしくは別種の写真もいくつか掲載されているよ。

Mystery of the Pulsating Spider

もちろんこっちも閲覧注意。個人的には蛇が笑ってるみたいに見えてかわいい。

【関連】
ペルーのジャングルで発見された謎のフェンスは、新種の蜘蛛によるものと判明
新種の蜘蛛の求愛行動が面白い!物陰からパドル状の足だけをちらつかせ、メス蜘蛛を誘惑
パプアニューギニアで発見された5種類の新種の蜘蛛
宙返りしながら転がり移動する技を進化の過程で獲得した蜘蛛 ケブレヌス・レケンベルギ


Mystery of the Pulsating Spider

















タグ
ヘビ嫌いとクモ嫌いは閲覧注意。蛇の生首のような外見を持つ、脈動する蜘蛛