温泉卵ならぬ温泉パン!鍋ごとパン生地を地中に埋めて作る、アイスランドのライ麦パン
日本で温泉の熱を使った温泉卵が作られ、温泉の蒸気を利用した温泉まんじゅうが作られるように、アイスランドでは昔から温泉パンが作られているんだそうな。

ロイガルバトンのフォンタナ・スパで作れらている火山パン(Volcano Bread)と呼ばれるこのパンは、パン生地を入れた鍋を丸ごと地中に埋めて、24時間待つことで焼きあがる。

中までしっかり火が通ってて、しっとりフワフワで美味しそう。

【関連】
マイナス30℃の気温と40℃の温泉が生み出す芸術!カナダ、タキニ温泉の「髪の毛凍結コンテスト」が面白い
温泉に浸かって満足顔、柴犬のきなこさん
ネバダ州ブラックロック砂漠の間欠泉 Fly Geyser
パン屋は最高に楽しい仕事さ!という、パン作りの工程を楽しくまとめた映像

Volcano Bread
















































タグ
温泉卵ならぬ温泉パン!鍋ごとパン生地を地中に埋めて作る、アイスランドのライ麦パン