ピアノを突付いてニワトリが演奏する、偶然が生み出すピアノソナタ
オモチャのピアノの鍵盤部分にばらまかれたエサをついばむニワトリのパトリックによって、偶然生み出されるピアノソナタ。

彼の演奏に合わせた伴奏が付いているとはいえ、それなりの音楽に聞こえてしまうのが不思議。

クチバシがコツコツぶつかる音を排除したら、さらにまともな音楽っぽくなりそう。

【関連】
電線にとまった鳥たちを音符に見立てて演奏してみた音楽 Birds on the Wires
パリ駅で偶然出会った2人のピアニストによる即興連弾に、居合わせた人々が拍手喝采
2,000個のパチンコ玉が循環しながら音を奏でる半自動演奏楽器がすごい
BBC「1967年のサッカーの試合を覚えていますか?」お爺ちゃん「もちろん。プレーしたからね!」街頭インタビューで元選手に出会った素敵な偶然


GoPro Awards: Chicken Sonata





タグ
ピアノを突付いてニワトリが演奏する、偶然が生み出すピアノソナタ