野菜で作った楽器で演奏。ウィーンのベジタブル・オーケストラ
オーストリア、ウィーンで18年間、野菜を使った楽器で演奏し続けているベジタブル・オーケストラ。

地元の市場で購入した新鮮な野菜を楽器として使い、演奏で使われた野菜はスープの具材にして、観客たちに振る舞われるんだとか。

野菜選びも演奏も、カボチャパートの人が楽しそう。

【関連】
野菜で作った楽器だけを使って演奏したベジタブルオーケストラ
その場で作ったニンジンのクラリネットを演奏する男
ホットケーキが楽器になった!演奏の後は食べられるホットケーキのリコーダー
猫をピアニストに起用したクライペダ・チェンバー・オーケストラの猫ンサート CATcerto


The Vegetable Orchestra Literally Plays with Their Food






































タグ
野菜で作った楽器で演奏。ウィーンのベジタブル・オーケストラ