なぜだか一向に登れない!大きなハンドルを登ろうとし続けるナマケモノ
ナマケモノが登ろうとしているのは、大きな機械の一部である、円形の大きなハンドル。

登ろうとしてもハンドルが回転してしまうため、いつまでたっても登れない様子。

通常であれば困惑してしまう事態のはずだけど、ナマケモノさんのことだからあんまり気にしていないんじゃぁないだろうか。

【関連】
ナマケモノってよく絶滅しないよな……と思う瞬間
食事すらも面倒くさいとは……。食べてる途中で眠ってしまうナマケモノ
ナマケモノとはいえ、その食べ方は怠けすぎじゃないかい?
何だこれ?水面から顔を出し、回転し続ける不思議なハワイモンクアザラシ

Sloth Using His Hands To Turn A Wheel Is Mesmerizing



タグ
なぜだか一向に登れない!大きなハンドルを登ろうとし続けるナマケモノ