ロングボウを一から作り上げる、ジョン・ニーマンの職人技
鍛冶職人であり、キッチンツールなども製作する職人、ジョン・ニーマンによる、英国の伝統的なロングボウ作りを一から見せてくれるドキュメンタリー映像。

木を切った後、3年も寝かせて状態のいいものを選ぶところからしてまず大変だし、しなり具合を見ながら徐々に削っていく工程も大変そう。

矢や篭手なんかの、弓以外の装備品を作る工程も見たかったね。

【関連】
焼き叩き鍛えて磨く、鍛冶職人ジョン・ニーマンによる斧作り
鍛冶職人ジョン・ニーマンによる、ダマスカスナイフができるまで
刀鍛冶に憧れて。日本の鍛冶師に弟子入りし、17代目を継承したカナダ人鍛冶職人、マレー・カーター
職人さんが鉄板から作った、ベルセルクの「ドラゴンころし」

The Birth Of A Weapon. Part I. English longbow making.
















































タグ
ロングボウを一から作り上げる、ジョン・ニーマンの職人技