16世紀の画家、ハンス・ホルバインの絵画に描かれたドクロのトリックアート
16世紀のドイツの画家、ハンス・ホルバインの絵画「大使たち」に描かれたドクロのトリックアート。

角度を変えると正常な形が見えるこういうタイプのトリックアートを「アナモルフォーシス」というらしいけど、最古のアナモルフォーシス作品はレオナルド・ダ・ヴィンチのもので、ハンス・ホルバインもアナモルフォーシスを使う代表的な作家なんだとか。

トリックアート系の美術館でよく見る手法だけど、結構昔から存在するものだったんだね。

【関連】
【画像】視点を変えると真実が見える、ジョンティ・フルヴィッツのアート作品 写真16枚
本物のような立体感がすごすぎる!路上に描いたジュリアン・ビーバーのトリックアート 写真27枚
まるで巨大魔法陣のよう。ハッセルトの街の一角を包み込む、フェリチェ・ヴァリーニによる巨大幾何学トリックアート
こんな錯視なら描けるかも!吸い込まれそうな穴のトリックアート


Amazing illusion painting in 4K, The Ambassadors (1533), by Hans Holbein the Younger

















タグ
16世紀の画家、ハンス・ホルバインの絵画に描かれたドクロのトリックアート