これはいいアイデア!ペットボトルがフィラメントになる画期的な3Dペン「レネゲード」
立体的なものを造形できる3Dペンは便利で面白いけれど、材料のフィラメントが高すぎて嫌になる。

そう考えたダニエル・エドワーズさんが開発したのが、ペットボトルを材料として使える3Dペン「レネゲード(Renegade)」。

専用シュレッダーでペットボトルを線状にカットし、レネゲードに接続して使うだけ。

キックスターターで募っていた資金は集まっているので、あとは商品化するだけ。

3Dプリンタもこの流れで、ペットボトルが素材として使えるようになったらいいよね。

【関連】
身近な物で簡単に作れる、ペットボトルをヒモに加工する道具
その発想はなかった!ペットボトルを紐に加工して使うリサイクルが手軽でいい感じ
世界最小、普通のペンと遜色ないサイズの「立体を描けるペン」、LIX 3Dプリンティングペン
二次元ではなく三次元に描く!立体を描ける世界初のペン 3Doodler


Renegade in Action






































タグ
これはいいアイデア!ペットボトルがフィラメントになる画期的な3Dペン「レネゲード」