スイッチひとつで朝食が出てくる、69歳のおじいちゃんが発明した「サンデーモーニング・ブレックファーストマシン」
スイッチひとつ押すだけで、ゆでたまごが茹で上がり、トーストが焼かれ、熱々淹れたての紅茶が提供される。

69歳の元パイロット、ピーター・ブラウンさんが友人と共に、およそ1,000時間をかけて作り上げたのがこの「サンデーモーニング・ブレックファーストマシン」。

テーブルの上の後片付けもスイッチひとつ。まさに、ウォレスとグルミットやミクロキッズで見た朝食の風景が現実に!

メニュー内容が寂しいのと、後片付けが適当な所は今後の課題かな。

【関連】
パパと娘が頑張って作った「究極シリアル食べまくりマシーン」
調理道具というより武器。食材をいい加減に切ってくれる、自作の全自動カットマシーン
ハインツ自動ケチャップロボット1号、2号
自動筆記が気持ちよすぎる!ペンプロッタ「AxiDraw」で絵や字を書く様子


Barking mad mechanic made Wallace and Gromit style breakfast machine





























タグ
スイッチひとつで朝食が出てくる、69歳のおじいちゃんが発明した「サンデーモーニング・ブレックファーストマシン」