まるで巨大なプラモデル。クルーズ客船、アイーダ・プリマが建造されていく早回し映像
2016年4月に就航した、旅客定員3,300人のクルーズ客船「アイーダ・プリマ」が建造されていく様子を撮影した早回し映像。

建造したのは三菱重工業の長崎造船所。巨大な船体がみるみる組み上がっていく様子は、さながら巨大なプラモデルを見ているかのよう。

Wikipediaにも載っているけど、アイーダ・プリマは3度も火災を起こしたり、納入が1年遅れたりで巨額の損失を出してて、色々と物議を醸していたみたいね。

【関連】
豪華客船をぶった切って真ん中を継ぎ足す、バルモラル号の船体延長工事の微速度撮影
悪天候の客船内でも遊べるジャイロバランス・ビリヤード台
ゾクゾクするほど恐ろしい、沈没した客船コスタ・コンコルディア号での沈没船ダイビング
【画像】設備も食事もスケールでかすぎ。世界最大の豪華客船、アリュール・オブ・ザ・シーズ 写真32枚


AIDAprima Cruise Ship Construction & Christening in 4K, May 2016 by MKtimelapse









































タグ
まるで巨大なプラモデル。クルーズ客船、アイーダ・プリマが建造されていく早回し映像