被弾した部位の大きさを奪われる、不思議なルールのTPSゲーム「Morphies Law」のテスト映像
2チームに分かれて銃で撃ち合う基本的なルールに、「被弾した部位の大きさを奪われる」というシステムを追加したサードパーソン・シューティングゲームのテスト映像。

下手な人ほど小さくなるから撃たれづらくなり、隠れやすくなるし、上手い人ほど大きくなるから、撃たれやすく、隠れにくくなる。

さらに、味方を撃つことで大きさを移せるので、足を大きくして高い場所に移動するという作戦を取ることもできる。

背後の巨人はそれぞれのチームの合計の大きさで、ゲーム終了時に巨人が大きかったチームの勝利。

足だけ大きいとか、頭だけ大きいとか、バランス悪い体型になったりするのもおもしろいね。

【関連】
遠くに置くほどデカくなる!カーネギーメロン大学の学生が作ったゲーム用の技術デモ その2
遠くに置くほどデカくなる!カーネギーメロン大学の学生が作ったゲーム用の技術デモが面白い
TPS視点での銃撃戦を描いたレゴ・ストップモーションアニメ Lego Street Shootout
あるある過ぎるw 子供の頃に遊んだ脳内ルールのアレやコレ

Morphies Law alpha teaser




































タグ
被弾した部位の大きさを奪われる、不思議なルールのTPSゲーム「Morphies
Law」のテスト映像