1800年代後半、ヴィクトリア朝時代に使われていたキャンディー製造機
1800年代後半、ヴィクトリア朝時代に使われていて、今なお使えるキャンディー製造機。

2つのローラーで温めたキャンディーの素を押しつぶし、ローラーに空いた穴の形にキャンディーを成形。

固まったキャンディーをバラバラに崩す工程が気持ちよさそう。

【関連】
製造機械ってなんて美しいんだろうか!思わず見つめ続けてしまいそうな24の製造工程
膨張っぷりが凄まじい!ウレタンフォーム製造工場の作業風景
1860年創業のイギリスの衣服ブランド、SUNSPELの縫製工場の一日
イギリスで100年続くハサミ製造メーカーの、職人さんによるハサミ作り

How to make Victorian Nectar Drop candy and why are Lemon Drops called Drops?













































タグ
1800年代後半、ヴィクトリア朝時代に使われていたキャンディー製造機