荒地も水上も巨大なタイヤでゴリゴリ進む、ロシアの水陸両用車 SHERP
巨大な4輪タイヤで平地はもちろん、荒地も雪原も氷上も水上も進むことができる、ロシアの水陸両用車「SHERP」。

薄氷の上を走行していて氷が割れてしまっても水に浮いて、前方の氷を砕きながらそのまま走行可能。

最高速度は時速45キロ。水上では時速6キロ。こういう豪快な乗り物、けっこう好き。

【関連】
水陸両用のキャンピングトレーラーだと!?車で牽引、ボートにもなるキャンピングトレーラー Sealander
陸上、水上の切り替えが手軽な水陸両用バイク Biski
ジェットスキーに変形する水陸両用4WDバギー Quadski
1950年に開発された近未来的な水陸両用車「The Rhino」


ШЕРП / SHERP / Вездеход Алексея Гарагашьяна















































タグ
荒地も水上も巨大なタイヤでゴリゴリ進む、ロシアの水陸両用車
SHERP