標高6,907メートルの雪山を登る、恐ろしすぎるクライマー視点映像
ネパールとチベットの国境に位置する標高6,907メートルのルナグ・リ山を登攀する登山家、デビッド・ラマとコンラッド・アンカーの視点から撮影した映像。

そう簡単には崩れないであろう岩ならわかる。けれど、軽く振ったピッケルが深々と刺さってしまうような雪の上を歩いたり登ったりするのはもはや理解不能。

1個目の動画が2分ちょっとのハイライト映像。2個目の動画は9分のフル映像。

【関連】
自己記録をさらに更新!通常2日かかるスイスのアイガー北壁を、わずか2時間22分で登頂したアルピニスト ウエリ・シュテック
垂直の岩壁をロープなしで登る、アレックス・オノルドのフリーソロクライミング
美少女クライマー、サーシャ・ディジュリアンによる米女性初の5.14d登攀
エベレストへ20回の登頂を果たした現地人登山ガイド アル・シェルパ

High Altitude Climbing on Lunag Ri: David Lama | POV Highlights



David Lama video climbing Lunag Ri







































タグ
標高6,907メートルの雪山を登る、恐ろしすぎるクライマー視点映像