ホントに動くのが凄すぎる!超小型のW型32気筒エンジンを組み立てる工程
超小型だけど圧縮空気を送り込めばすべてのパーツが駆動する、W型32気筒エンジン模型の組立工程を撮影した映像。

前回のW型18気筒エンジンは使用パーツ数469個で、今回は850個。製作時間も1,850時間から2,520時間に大幅アップ。

コインを立てたまま駆動させてもコインが落ちない振動の打ち消しっぷりもスゴい。

【関連】
ホントに動くのが凄すぎる!超小型のW型18気筒エンジンを組み立てる工程
わずか12立方cm!世界最小のV型12気筒エンジン
紙製なのにちゃんと動く!紙で作ったV8エンジンが凄い
1909年に作られた遺物、ブラックストーン・オイルエンジンを動かしてみた


Motor W-32. Miniatura.W-32 Engine









































タグ
ホントに動くのが凄すぎる!超小型のW型32気筒エンジンを組み立てる工程